子どもの予防接種
 予防接種は、感染症が流行するのを防いだり、病気にかからないように、あるいはかかっても重くならないようにするためのものです。
 生まれてしばらくは、お母さんにもらった免疫や母乳の免疫効果によって守られていますが、成長とともにほとんどが自然に失われていきます。子どもは発育とともに外出の機会も多くなりますので、感染症にかかる可能性も高くなります。そのため、予防接種で免疫をつける必要があります。

 


定期予防接種について
任意予防接種について