体験

体験する
※問い合わせ・申し込みなどは各店舗・施設に直接お願いします。

小浜温泉観光船釣り
小浜温泉観光船釣り
 小浜町の橘湾の漁礁で、手軽に本格的な船釣りが体験できます。
 釣具やえさなどが準備されているので、手ぶらでも体験可能。また、初めての人や子どもでも楽しめる初心者向けの釣りで、家族や友だちなどの小グループに最適のレジャーです。(要体験料)

※天候などで、出航できない場合もあります。
※自然が相手のため、釣果にばらつきがあります。

■問い合わせ
 丸石水産
 電話090-9580-6993(午前8時〜午後3時)、0957-76-0081(午後3時〜6時)

雲仙諏訪の池ビジターセンター
雲仙諏訪の池ビジターセンター
普賢岳を望む自然豊かな諏訪の池のすぐそばにあり、四季を通じて様々な
動植物や美しい天体について見て触れて楽しみながら学ぶ事ができます。また
3階には、九州でも最大級の口径250mm、最大倍率650倍の屈折式大型望遠鏡
があり、月から星雲星団など様々な天体を観測する事ができます。毎週土曜日や
夏休み期間の晴天時には、19:30〜21:30まで無料で星空観察会を行っています。
諏訪の池から見える美しい満天の星空は、おすすめです。

諏訪の池ビジターセンター:0957-76-5010

遊学の里くにみ
遊学の里くにみ
国見町総合運動公園内にある宿泊研修施設で、宿泊施設と研修室に加え
ハーブや鉱石のお風呂、備長炭サウナを完備した浴室や、50名まで収容できる
40畳和室の休憩室など、くつろぎの空間が広がっています。小・中学生の
宿泊学習やスポーツ合宿などに気軽にご利用下さい。(要入浴料・利用料)

遊学の里くにみ
電話:0957-78-3344

雲仙ビードロ美術館
雲仙ビードロ美術館
19世紀のボヘミアンガラスやオイルランプを中心に日本のビードロや陶磁器コレクションを有する美術館です。ガラス工作体験が人気で、自分で造ったオリジナルグッズは旅の思い出にピッタリ!

雲仙ビードロ美術館:0957-73-3133

やまめの里
やまめの里
国道251号線から千々石の棚田を抜け、雲仙方面へと登る途中にある
夏季限定のお店。普賢岳の湧き水を使って約10万匹のヤマメを養殖しており、
釣り堀でのヤマメ釣り体験は大人気。島原有明産のそうめん流しとともに味わう
ヤマメの刺身や塩焼きもおすすめです。(要体験料)

やまめの里:0957-37-3054

あさり潮干狩り 2017
 雲仙市国見町の神代海岸で、有明海の風物詩『潮干狩り』がオープンします。ご家族やお仲間でお出かけください。(入れ物、道具、手袋、長靴などは各自ご用意ください。)

 【場所】
  国見町神代海岸

 【日時】
  平成29年3月26日(日)〜3月30日(木)
  平成29年4月 8日(土)〜4月13日(木)
  平成29年4月23日(日)〜4月30日(日)
  
 【料金】
  大人1,000円、子ども(中学生以上)500円、小学生以下無料

 ※20mm以下のアサリは、とらないよう協力よろしくお願いします。
 ※天候等、自然条件により予定が変更する場合がございます。


 平成29年 潮干狩り解禁日干潮時刻は、以下の添付ファイルにて確認することができます。

 
 (お問合せ先)国見漁協 電話0957-78-2262




添付ファイル
平成29年 潮干狩り解禁日干潮時刻について.pdfを開く,又は保存する 平成29年 潮干狩り解禁日干潮時刻について.pdf
(Adobe Acrobat Document:63.3KB)

あさり潮干狩り

湯せんぺい手焼き体験
湯せんぺい手焼き体験
その昔、温泉が体に良いということから旧島原藩主松平公が作らせたという
「湯せんぺい」。創業昭和25年の「遠江屋」では小麦粉と卵、砂糖に冷ました
温泉水を加えて練り、その生地を3kgもある鉄製の型に流し込み、途中何度も
型を返しながら焼いていきます。その一連の作業はまさに職人技。サクっと
軽い歯ざわりで人気の雲仙名物湯せんぺいをその手で作ってみませんか。
(要体験料)(体験3〜5月、9月〜11月)

遠江屋:0957-73-2155

そば打ち体験
そば打ち体験
田植えやじゃがいも作り、地鶏卵拾いなど10数種類の農業体験を通じて、
日常では味わえない喜びを感じてもらおうと観光農園に取り組んでいる
橘ファーム。数ある体験の中でも年中楽しめる「そば打ち体験」は、
石臼挽きそば粉を使い、インストラクターの指導のもと、楽しみながら
本格的なそば打ちが体験できることで人気です。完成した打ちたてのそばは、
その場で試食も可能です。(要体験料)

愛菜館:0957-37-2465

  • Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。(無償)