1. HOME
  2. 暮らし・手続き
  3. 各種相談
  4. 消費相談窓口
  5. 気をつけて!出会い系サイト
気をつけて!出会い系サイト
 最近、「出会い系サイト」をはじめとした『有料メール交換サイト』の相談が増えています。このようなサイトでは、サイトで知り合った相手とメール交換するために、巧みな勧誘により、ポイントを購入するよう誘導されるなどして、取引を継続させられた(ポイントを購入させ続けられた)結果、気づいた時には高額な請求となってしまっている場合があります。さらには、占いや、ゲームなどの無料サイトを装って勧誘し、実際には有料サイトへ誘導する窓口となっている場合もあります。若者を中心に相談が増えています。ご注意ください。


出会い系サイトとは-
 インターネットの掲示板やメールなどを通じて、異性交際に関する情報を提供して、互いに連絡できるようなサービスを提供するサイトです。このサービスを利用するためには、携帯電話会社への通信料のほかにサイト事業者に利用料金を支払うことが必要です。多くの場合、登録は無料ですが、掲示板を見る、相手にメールを送る、相手からのメールを読むなど、一つ一つの操作は有料でポイント加算されます。現金振込み、クレジットカード払い、コンビニ決裁などがあります。


〜相談事例〜
 パソコンで調べ物をしていたところ、占いサイトに入った。占いを見るために簡単な個人情報を入力・送信したところ、「パスワードを送るので、メルアドを送信して結果を見てほしい」という画面が現れた。携帯のメールアドレスを送信したら、パスワードが届き、パソコンに入力して占いの結果を確認した。しばらくして、携帯に出会い系のメールが多数届き始めた。登録した覚えはなく無視していたが、「メール交換してくれればお金をあげる」、「自分は芸能人である」という言葉にひかれて、複数の男性とメール交換した。メール交換に必要なポイントはクレジットカードで購入した。しかし、相手のメールに不審な点が次々と出てきて騙されていることに気づいた。騙されてポイントを購入させられたので、代金(28万円)は払いたくない。


アドバイス
 出会い系サイトは匿名の世界です。なりすましやサクラ、詐欺的なものも潜んでいます。見知らぬ人のメールをうのみにしてはいけません。高額な請求だけでなく、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。気をつけましょう。


 ●不審なメール交換相手の特徴
 1.約束しても、外国へ行く、入院することになったなどの理由を付けて、結果的に会えない。
 2.出会い系サイトを通さずに、直接メール交換を提案しても応じない。
 3.メール交換に必要なポイント代金は後日払うので、立て替えてほしいと言う。
 4.ポイントを多く消化する画像付メールが多く届く。
 5.不審な点を追求すると逆上したメールが届く。

 少しでも不審に感じたら、メール交換を止める事が被害の拡大を防ぎます。サイト事業者はサクラの存在は認めません。支払ってしまった料金を取り戻すのは非常に困難です。出会い系サイトを利用するときは、規約・約款、ご利用のルールなどをよく確認し、使いすぎには十分ご注意ください。
 また、こうしたトラブルの増加から、消費者を守る法律、事業者を規制する法律も整備されています。被害にあった時は、あきらめずに消費生活センターへご相談ください。



このページに関するお問い合わせ

発行部署:市民生活部/市民安全課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-3109

お問い合わせフォーム