1. HOME
  2. 暮らし・手続き
  3. 水道・下水道
  4. 新着情報
  5. 水道管の凍結にご注意ください
水道管の凍結にご注意ください
○水道管の凍結にご注意下さい。
 
 気温が氷点下を下回ると水道管が凍結しやすくなり、水が出なくなったり破損することがあります。水道管が破損すると、修理に多額の費用を要しますので、寒くなる前に水道管の凍結防止をお願いします。

■ 特に凍結に注意する箇所
・屋外の水道管がむき出しになっているところや立ち上がり水栓
・北側の日当たりの悪いところや風当たりの強いところにある水道管や蛇口
※空家や長期にわたり不在になる場合は、水道管の凍結破損の発見が遅れますのでご注意ください。

■ 凍結を防ぐには
・むき出しの水道管は、保温材(市販)を巻きつけて、その上からビニールテープなどを巻いて、保温材が濡れないように保護してください(保温材は毛布や布などで代用できます)。
・冷え込みが厳しい時は、蛇口から少量の水を出しておくと有効です。
※出した分の水については料金がかかります。出し過ぎには注意してください。
・蛇口までの水道管に水が残っていると凍結しやすくなります。長期に渡り不在になる場合は、一旦メーターボックス内のバルブで水を止めてから、それぞれの蛇口を開け、残り水がなくなるまで出し切ってしまうことをお勧めします。

■ 水道管が凍結して水が出ない場合は
・水道管が凍って水が出ない場合は、自然に解けるのを待つか、凍結したところの蛇口を開けてからタオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて解かしてください。
※急に熱湯をかけたりすると、ひび割れや破損を起こすことがありますので注意してください。また外出する場合は、凍った蛇口を開けたままにせず必ず閉めてください。

■ 水道管が破損してしまった場合は
・水道管が破損した場合は、メーターボックス内のバルブを閉めて水を止めてください。その後、市指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。
※敷地内の水道管の破損修理については、所有者の負担となります。

連絡先 雲仙市水道課(0957‐38‐3111)


このページに関するお問い合わせ

発行部署:環境水道部/水道課

〒854-0492 雲仙市千々石町戊582番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-37-2131

お問い合わせフォーム