1. HOME
  2. 市政情報
  3. ふるさと納税 - ふるさと応援推進事業
ふるさと納税 - ふるさと応援推進事業
温もりあるまち雲仙市 応援してみませんか?
◇◆◇ 長崎県雲仙市への寄附のお願い ◇◆◇

 雲仙市は、平成17年10月11日【永遠(とわ)にいい日】に7町が合併して誕生しました。豊かな自然と歴史、文化、風土に根ざした地域力、そして、地域を越え、世代を越えた人材力を結集し、豊かで魅力ある郷土づくりを目指しています。

 そのような中、平成20年4月30日に公布された「地方税法等の一部を改正する法律」により、個人住民税の寄附金税制が大幅に拡充され、『ふるさと』に貢献したい、『ふるさと』を応援したいという、納税する皆さまの想いを活かすことができるようになりました。

 どうか、皆さまに“雲仙市の応援団”となっていただき、「雲仙市を応援したい」「雲仙市のために何かしたい」「雲仙市を大切にしたい」という想いを「ふるさと納税」というスタイルで、応援してくださるようお願いいたします。

■ふるさと応援推進事業の全体像
ふるさと応援推進事業の全体イメージについて

■寄附金の使いみち
 皆さまから頂いた寄附金は、『雲仙市ふるさと応援基金』に積み立て、下記の事業の財源として使います。
 皆さまから寄附していただく貴重な寄附金の使いみちを、皆さまに決めていただく仕組みです。
 使いみちについては、下記の7つのメニューから選んでいただきます。

メニュー事業の具体的内容
(1)みんなでつくるまちづくりに関する事業市民交流事業、ボランティア活動支援、NPO育成、コミュニティ活動支援、男女共同参画の推進など
(2)快適で住みよい暮らしづくりに関する事業公園等余暇空間の整備、防災対策の充実、防犯・交通事故防止対策の推進、基幹交通網・生活道路網等の整備促進、高度情報化の推進、自然環境の保全促進など
(3)笑顔いっぱいの健康と福祉づくりに関する
  事業
健康づくりへの支援、医療・救急体制の確保、介護・在宅福祉サービスの充実、障害者福祉等の充実など
(4)力強い産業と仕事づくりに関する事業農林業基盤整備の推進、農業担い手育成対策、雲仙ブランドの確立、水産業の振興、商工業の振興など
(5)新しい観光・交流による活力づくりに関する
  事業
地域資源を活かした観光の振興、地域間交流・国内外交流の推進など
(6)明日を担う人づくりと誇りあるふるさとづくり
  に関する事業
子育て対策、ひとり親家庭の福祉の充実、学校教育環境の充実、青少年の健全育成、生涯学習・スポーツの振興、歴史と文化の保存継承など
(7)その他目的達成のために市長が必要と
  認める事業
市長がどの事業の財源とするかを決定します

■お申込みのおおまかな流れ
(1)〔申込者〕申請フォームまたは申込書から申込み
(2)〔申込者〕指定した方法で入金
(3)〔雲仙市〕入金確認後、寄附金受領書と謝礼品カタログ等(株式会社JTB西日本より)を別々に発送

謝礼品については雲仙市で認定している「雲仙ブランド」、「うんぜん逸品」のほか、肉やカニ、海産物など合計237種類よりお選びいただけます。詳細については下記サイトよりご確認ください。

ご注意:・謝礼品カタログ等の配送には、ご入金の確認作業などのため1ヶ月程度かかります。
・雲仙市民からのご寄附に対しては謝礼品はお送りいたしません。
謝礼品一覧

■ふるさと納税謝礼品カタログのポイントについて
謝礼品ポイント表
寄附額に応じ、上記のポイントを付与させていただきます。
ポイントの付与は1万円以上のご寄附からとなります。

【注意事項】
※ポイントは1ポイント200円とし、1万円あたり25ポイント付与することとします。
※ポイント付与1回の上限は2,500ポイントとします。
※寄附額1万円未満の端数がある場合、ポイントを辞退した場合または雲仙市民である場合にはポイントは付与しません。
※ポイントは寄附が行われる都度に発行することとし、寄附額の合計額での付与は行ないません。
 例)5,000円を2回寄附された場合、合計で10,000円となりますが、合算したポイントは付与されません。
※ポイントは2年間利用可能とし、10ヶ月を経過しても寄附者からの謝礼の申込がない場合は、JTB西日本より連絡をとり、謝礼品を送付することとします。連絡が取れなかった場合には、連絡が取れなかった場合用にJTB西日本が取り決めた謝礼品を送付します。ただし、寄附者がポイントの有効期限内に新たな寄附を行った場合、ポイントは合算され、有効期限は最新ポイント発行日から2年間となります。

■雲仙市謝礼品ダイジェスト版カタログ
雲仙市謝礼品ダイジェスト版カタログ
注)カタログには謝礼品すべてが記載されてはおりません。すべての謝礼品をご覧になりたい場合、上部にある『ふるさと納税謝礼品一覧』よりご確認ください。

■申込方法

▼方法1:申請フォームによる方法
申請フォームへ(外部サイト「ふるさとチョイス」へ)
上記の申請フォームへのボタンをクリック!
(外部サイト「ふるさとチョイス」にリンクします。)
 

▼方法2:申込書による方法 
市のホームページからダウンロードまたは市から郵送された「ふるさと応援寄附金申込書」を郵送、ファックスまたは電子メールでお送りください。また、ふるさと納税ワンストップ特例制度をご利用の際は下記の申請書も併せてご提出ください。


    【重要】ワンストップ特例をご利用の場合は以下を必ずご確認ください
 確定申告が不要な給与所得者等につきまして、下記条件をすべて満たす場合に限り、「平成28年市町村民税・道府県民税 寄附金控除に係る申告特例申請書」と「必要書類」を雲仙市へ送付していただくだけで、ふるさと納税に係る寄附金控除がワンストップで受けられる仕組みができました。
○もともと確定申告をする必要のない給与所得者であること。
(年収2000万円を超える所得者や、医療控除のために確定申告が必要な場合は確定申告で寄附金控除を申請して下さい。)
○1年間の寄附先が5自治体以下であること。
(1つの自治体に複数回寄附をしても、1カウントとなります。)

※平成29年度の住民税より控除を受けたい場合は、平成29年1月10日までに「平成29年市町村民税・道府県民税 寄附金控除に係る申告特例申請書」・「平成29年市町村民税・道府県民税 寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」をご提出ください。
※2017年1月10日を過ぎますと確定申告を行なっていただく必要がございますのでご注意ください。



添付ファイル
寄附申込書.docを開く,又は保存する 寄附申込書.doc
(ワードパッド ドキュメント:45.1KB)
寄附申込書.pdfを開く,又は保存する 寄附申込書.pdf
(PDF ファイル:78.7KB)
平成28年寄附金税額控除特例申請書.docxを開く,又は保存する 平成28年寄附金税額控除特例申請書.docx
(Office オープン XML ドキュメント:35.4KB)
特例申請書 【記入例】.docxを開く,又は保存する 特例申請書 【記入例】.docx
(Office オープン XML ドキュメント:53.2KB)


■必ずお読みください!■
 2016年のマイナンバー導入に伴い、なりすまし防止のために「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」のコピーを寄附金税額控除に係る申告特例申請書と一緒に郵送することが必須になりました。ご自身のマイナンバー受け取り状況に合わせて、以下の表の書類を手元に用意してください。

《通知カード》についての詳しい情報はこちら
《個人番号カード》についての詳しい情報はこちら
※外部サイトに移動します。
 「個人番号カード」を持っている人「通知カード」を持っている人
個人番号確認の書類個人番号カードの裏のコピー通知カードのコピー
本人確認の書類個人番号カードの表のコピー下記のいずれかの身分証のコピー
・運転免許証
・旅券(パスポート)
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳
・在留カード
・特別永住者証明書
※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。
上記のように、
・個人番号カードを持っている場合:「個人番号カードの表裏のコピー」
・通知カードを持っている場合:「通知カードのコピー」と「身分証のコピー」
を寄附金税額控除に係る申告特例申請書と一緒に郵送してください。


■寄附金の支払方法
(1)市役所へ現金持参
 
(2)雲仙市が発行する納付書で指定する金融機関へ納付(下記納付場所であれば手数料はかかりません)
※指定納付場所(雲仙市役所および各総合支所、十八銀行、親和銀行、島原雲仙農業協同組合、九州労働金庫、橘湾東部漁業協同組合)にて納入してください。
 
(3)郵便局での振込(手数料は市が負担します)
※市よりゆうちょ銀行または郵便局の窓口より納入可能な払込書取扱票をお送りします。
(4)雲仙市の口座へ振込(恐れ入りますが、振込手数料のご負担をお願いします)
※寄附申込み受付後、振込先をお知らせします
(5)現金書留(恐れ入りますが郵送料はご負担ください)
(6)クレジットカードを用いてのご寄附(インターネット利用による申込みのみご利用可能です)






■寄附金の額
 寄附していただく金額は、おいくらでも結構です。ふるさと納税制度により、自治体に寄附をされた合計額が2千円を超える場合に、所得税および、住民税の寄附金控除の対象となります。
注)謝礼品選択に活用できるポイントの付与については1万円からのご寄附となります。
 
※控除額計算のシュミュレーションはこちらをご覧ください。
 総務省ホームページ「控除額計算シュミュレーション」
控除額シュミュレーション.xlsx(XLSX ファイル:50.8KB)

■寄附金の受領を証明する書類
 寄附金受領証明書は、寄附日の翌月末に発送します。「申込者情報」の氏名・住所での発行となり、原則としてご入金後の変更・再発行はできません。
 
 

■寄附者氏名、寄附金額などの公表
 寄附していただいた人の氏名や寄附の金額などについては、市のホームページなどに掲載する予定ですが、掲載するかしないかは寄附者の意向にそって対応します。寄附申込書にご希望を記入してください。

■ふるさと納税謝礼品提案事業者の募集
募集用画像
 平成27年4月1日のリニューアル以降、雲仙市では全国より多くのご寄附をいただいており、寄附者の皆様へは謝礼品として雲仙市の特産品などが届けられています。
 今後さらに雲仙市や特産品などのPRを行なうべく、謝礼品を提案していただける事業者を募集いたします。

【募集資格】各項目のいずれかに該当するもの
(1)野菜および果実などの雲仙市内で生産されたもの
(2)雲仙市内の加工業者および製造業者などが加工・製造したもの、雲仙市で生産された野菜および果実などを原料に雲仙市内の業者が加工・製造したもので、雲仙市をPRしていると認められるもの
(3)雲仙市をPRしていると認められるもの、または特別に認められた商品など

注)謝礼品の受注は専用サイト(インターネット活用)を用いて行なっていただきます。

【応募方法】所定様式に必要事項を記載の上、政策企画課広報班へご提出ください。確認の後、連絡いたします。

 
 
添付ファイル
ふるさと応援推進事業加入申請書.docを開く,又は保存する ふるさと応援推進事業加入申請書.doc
(DOC ファイル:20.5KB)


■申し込み・問い合わせ
寄附の申し込み、問い合わせは下記までお願いします。

〒859-1107 長崎県雲仙市吾妻町牛口名714番地
雲仙市役所 政策企画課 広報班(ふるさと応援寄附金担当)
電話:0957-38-3111(内線2375)
ファックス:0957-38-3514
Eメール:koho@city.unzen.lg.jp

【よくあるご質問について】

このページに関するお問い合わせ

発行部署:総務部/政策企画課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-3514

お問い合わせフォーム

  • Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。(無償)