1. HOME
  2. 健康・福祉
  3. 医療・感染症
  4. 特定B型肝炎ウイルス感染者給付金制度について
特定B型肝炎ウイルス感染者給付金制度について
 昭和23年7月1日から63年1月27日までの間で、満7歳になるまでに集団予防接種やツベルクリン反応検査を受けた方は、注射器の連続使用が原因でB型肝炎ウイルス感染の可能性があります。集団予防接種とB型肝炎ウイルス感染との因果関係が認められた方には、病態区分に応じ、50万円から3,600万円の給付金等が支給される場合があります。
 給付金を受け取るためには、救済要件を満たしていることと、病態を証明するため、医療機関などから必要な証拠を収集していただき、国を相手とした国家賠償請求訴訟を提起していただく必要があります。裁判上の和解手続により、救済要件を満たしていることが証拠から確認できた方には、給付金をお支払いします。

 詳しくは、厚生労働省ホームページで確認ください。⇒「B型肝炎訴訟
 または厚生労働省 電話相談窓口 電話 03-3595-2252まで

添付ファイル
B型肝炎リーフレット.pdfを開く,又は保存する B型肝炎リーフレット.pdf
(Adobe Acrobat Document:1537.3KB)


このページに関するお問い合わせ

発行部署:健康福祉部/健康づくり課

〒854-0492 雲仙市千々石町戊582番地

電話番号:0957-36-2500 / FAX:0957-36-8900

お問い合わせフォーム

  • Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。(無償)