1. HOME
  2. 市政情報
  3. 都市計画
  4. 都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金事業)
都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金事業)
目的
都市再生整備計画事業は、地域の歴史、文化、自然環境等の特性を活かした地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済、社会の活性化を図ることを目的として、平成16年度に「まちづくり交付金」として創設された制度です。

平成22年度に、まちづくり交付金は社会資本整備総合交付金に統合され、まちづくり交付金事業は社会資本整備総合交付金の基幹事業(市街地整備分野)に「都市再生整備計画事業」として位置付けられました。

しくみ
市町村が作成した都市再生整備計画に基づき、実施される事業に対して交付金が交付される事業です。

(1)都市再生整備計画の作成

市町村は地域の特性を踏まえ、まちづくりの目標と、目標を実現する各種事業を記載した都市再生整備計画を作成します。

(2)交付金

市町村が作成した都市再生整備計画が都市再生基本方針に適合している場合、国から年度ごとに交付金が交付されます。

(3)事後評価

契約期間終了後、市町村は目標の達成状況に関する事後評価を行い、その結果についてチェックを行い公表します。

雲仙市の都市再生整備計画事業
平成28年度より、雲仙市では愛野地区で都市再生整備計画事業を活用します。
地区名計画期間主な事業
愛野地区(pdf)(Adobe Acrobat Document:7453.4KB)平成28年度〜平成32年度基幹事業:現愛野公民館の高次都市施設に建替え(地域交流センター整備)
提案事業:生涯学習施設整備(地域交流センター内図書スペース整備)、高次都市施設周辺の道路整備、バスシェルター整備
関連事業:庁舎整備事業
なお、都市再生整備計画が内包する社会資本整備計画を次のとおり公表します。
計画名事前評価計画期間主な目標
愛野地区都市再生整備計画事業(pdf)(Adobe Acrobat Document:489.2KB)事前評価(pdf)(Adobe Acrobat Document:46.6KB)平成28年度〜平成32年度大目標:愛野地域における交流、賑わい創出による地域活性化
@交流と賑わいを創出するまちづくりの推進
A交通結節点である利点を活かしたまちづくりの推進
B人にやさしい安心・安全な道路整備

このページに関するお問い合わせ

発行部署:総務部/政策企画課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-3514

お問い合わせフォーム