1. HOME
  2. 健康・福祉
  3. 制度・助成
  4. 臨時福祉給付金(経済対策分)について
臨時福祉給付金(経済対策分)について
■申請期間
 平成29年2月1日(水)から平成29年8月1日(火)まで

 (※申請期間を3ヶ月間延長しました。)

■給付金の内容
 平成26年4月から消費税率が8%に引き上げられたことから、所得の低い人への負担の影響を緩和するため、臨時的な措置として、これまで実施された「臨時福祉給付金」の継続分として給付金が支給されます。

■雲仙市での支給対象者
 下記2項目のいずれにも該当する人です。
 (1)基準日(平成28年1月1日)に雲仙市に住民登録されていた人
 (2)平成28年度分の市民税(均等割)が課税されない人
  ※ただし、ご自身を扶養している人が課税されている場合や生活保護を受けられている人、支給決定までに死亡された人などは対象外です。

 基準日以降に転入された人については、転入される前の自治体へお尋ねください。

■支給額
 支給対象者1人につき 1万5千円
 (※参考 平成27年度は6千円、平成28年度は3千円)

■申請方法
 支給対象と思われる人へ平成29年1月末から2月初めにかけて申請書をお送りしますので、申請書をご記入の上、添付書類をそろえ、お近くの申請場所へ提出してください。

■申請場所
 雲仙市福祉事務所(千々石)、市役所本庁総合窓口課(吾妻)
 または お近くの各総合支所地域振興課

■DV被害者の事前申出について
 配偶者からの暴力を理由に雲仙市内に避難されている人のうち、事情により、基準日時点で雲仙市に住民票を移すことができない人で、一定の要件に該当する場合は、事前に申出をしていただくと、雲仙市に対して臨時福祉給付金(経済対策分)の申請を行うことができます。
 添付している申出書を印刷し、必要事項を記入の上、申出書に記載されている書類を添えて、市福祉課へご提出ください(提出は持参または郵送に限ります)。
 事前申出の手続き完了後は、申出を行った人の給付金については、配偶者等からの代理申請はできなくなります。

■給付金を装った詐欺にご注意ください!!
 市役所や警察、厚生労働省の職員を騙った訪問や電話の報告があっています。市職員や厚生労働省職員が直接訪問すること、電話で申請案内を行うこと、銀行ATMで操作をお願いすることはありません。給付金を装った詐欺には十分ご注意ください。

■その他の関連情報
 詳細については、厚生労働省のホームページでも確認できます↓
 http://www.2kyufu.jp/
添付ファイル
01_事前申出書(臨時福祉給付金(経済)に係るDV被害者の事前申出).pdfを開く,又は保存する 01_事前申出書(臨時福祉給付金(経済)に係るDV被害者の事前申出).pdf
(Adobe Acrobat Document:319.2KB)


このページに関するお問い合わせ

発行部署:健康福祉部/福祉課

〒854-0492 雲仙市千々石町戊582番地

電話番号:0957-36-2500 / FAX:0957-36-8900

お問い合わせフォーム

  • Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。(無償)