はぴねす通信

はぴねす通信
NO.142  中学校における「デートDV防止啓発講座」を実施しました。

男女が互いの人権を尊重するための正しい知識を身につけ、※DVによる深刻な被害や加害を予防することを目的とし、NPO法人 DV防止ながさきから講師をお招きし、中学3年生を対象として、10〜11月に国見中、吾妻中、愛野中、千々石中でデートDV防止啓発講座を実施しました。

講座では、自分がされてつらいと感じることは暴力であり、「殴る、蹴る」などの体への暴力のほかにも、「悪口をいう」、「無視する」などの心への暴力、「体をさわる」、「写真を撮る」などの性的な暴力があることを学びました。

DV加害者は、相手を力で支配し、自分の思い通りにするために暴力を振るいます。男女交際をするにあたっては、お互いに嫌なことは「NO」といえる対等な関係をつくることが大事であることも学びました。

子どもたちは、よりよい人間関係を育んでいくにはどうしたらよいか考えを深めることができたようです。


※DV:配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力


講座風景
愛野中学校での講座風景

このページに関するお問い合わせ

発行部署:地域振興部/地域づくり推進課/男女共同参画センター

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-2755

お問い合わせフォーム