思春期教室を開催しました
11月14日(火)に国見中学校2年生、11月28日(火)に千々石中学校3年生を対象に「思春期教室」を開催しました。
助産師の佐藤信子さんを講師に迎え、男女の恋愛に対する気持ちの違いや、10代から20代に増えている性感染症、10代の妊娠や人工妊娠中絶、命の誕生、お母さんからのメッセージなどについてお話していただきました。

参加した生徒からは、
「僕たちは元気よく産声をあげて産まれることができたけど、中には産声をあげられずに産まれてきた人もいるから、これから自分の命も人の命も大切にしていきたい。」
「私たちが生まれてこれて、ふつうに生活できているのは、とても奇跡的ですばらしいことだと思った。
 私は自分のことが少し好きになりました。さらに親たちのことも大好きになりました。」
「性的接触や赤ちゃんができることに対する考え方は違っていて、それでも一人ひとりが「命」を考えることが大切だと感じた。」
「今までは、性について軽くしか思っていなかったので、これからは、命に関わることだと思って考えていきたい。」
といった感想が聞かれました。
思春期教室(千々石中学校)

このページに関するお問い合わせ

発行部署:健康福祉部/子ども支援課

〒854-0492 雲仙市千々石町戊582番地

電話番号:0957-36-2500 / FAX:0957-36-8900

お問い合わせフォーム