1. HOME
  2. 健康・福祉
  3. 国民健康保険
  4. 国民健康保険制度が変わります
国民健康保険制度が変わります
  国民健康保険は、これまで市町村ごとに運営してきましたが、平成30年4月からは都道府県も市町村とともに運営を担うこととなります。


 Q.保険証は変わりますか?
  A.現在お持ちに保険証を継続して使用することができます。ただし、国保加入者が県内の他市町に転出した場合、「長崎県」の国保加入者資格を継続することになりますが、保険証は転出先の市町で交付します。


 Q.高額療養費の該当回数はどうなりますか?
  A.高額療養費の多数回該当(※1)は、これまで、市外へ転出した場合、過去の該当回数は通算されませんでしたが、平成30年4月以降の受診で高額療養費に該当する分から、県内の他市町への転出で、転出前と世帯の継続性が保たれていれば、転出前の該当回数が通算されます。

   ※1 過去12か月間で高額療養費の対象となった回数が4回以上となった場合、4回目から自己負担限度額が引き下げられる制度のこと


 Q.特定健診の金額はどうなりますか?
  A.特定健診はこれまでと同様に無料で受診できます。
   受診に必要となる受診券は4月末に対象者に郵送しますので、ぜひご利用ください。


 Q.葬祭費の金額はどうなりますか?
  A.国保加入者が死亡した場合、これまでは葬儀を行った人に葬祭費として1万円を支給していましたが、平成30年4月以降の死亡の場合は2万円を支給します。


 平成30年4月以降も転入・転出時、就職・退職時の届け出や、高額療養費の支給申請、保険証や限度額適用認定証の交付などは、引き続き市役所の窓口で受け付けています。
 また、国民健康保険税もこれまでどおり市で賦課・決定しますので、市に納付していただくことになります。

 
 平成30年度からの制度見直しにご理解、ご協力をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

発行部署:地域振興部/総合窓口課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-2755

お問い合わせフォーム