1. HOME
  2. 産業・ビジネス
  3. 保険・雇用・労働
  4. 中小企業主・小規模事業者の皆様へ〜「サブロク協定」をご存知ですか?
中小企業主・小規模事業者の皆様へ〜「サブロク協定」をご存知ですか?
時間外労働を行うには、サブロク(36)協定が必要です。

○労働基準法では、労働時間は原則、1日8時間・1週40時間以内とされています。これを「法定労働時間」といいます。

○「法定労働時間」を超えて、従業員に時間外労働(残業)をさせる場合には、
 ・労働基準法第36条に基づく労使協定(36協定)の締結
 ・労働基準監督署への届出
 が必要です。

○36協定においては、「時間外労働を行う業務の種類」や、「1か月や1年当たりの時間外労働の上限」を決めなければなりません。


詳細については、厚生労働省ホームページをご覧になるか、最寄りの労働基準監督署までお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
島原労働基準監督署
電話0957-62-5145