1. HOME
  2. 健康・福祉
  3. 国民健康保険
  1. HOME
  2. お悔やみ
  3. 健康保険・年金
  4. 国民健康保険
国民健康保険

国民健康保険に加入する場合
職場の医療保険(健康保険、共済組合など)に入っている人や、後期高齢者医療制度に加入している人、生活保護を受けている人以外は、国民健康保険に加入しなければなりません。
次のような場合には、世帯主のかたは必要書類と印かんを持って、14日以内に本庁総合窓口課または各総合支所地域振興課に届出てください。

国保に加入となる場合手続きに必要なもの
他の市町村から転入したとき転出証明書
職場の健康保険などをやめたとき職場の健康保険を脱退した証明書
職場の健康保険の被扶養者から外れたとき被扶養者でない理由の証明書
子どもが生まれたとき母子健康手帳(出生を証明するもの)
生活保護を受けなくなったとき保護廃止決定通知書
外国人が加入するとき外国人登録証明書、パスポート
国保をやめることになる場合手続きに必要なもの
他の市町村へ転出するとき保険証
職場の健康保険などに加入したとき国保と職場の健康保険の両方の保険証
職場の健康保険の被扶養者になったとき
死亡したとき保険証、死亡を証明するもの
生活保護を受けはじめたとき保険証、保護開始決定通知書
外国人が脱退するとき保険証、外国人登録証明書
その他の場合手続きに必要なもの
退職者医療の対象となったとき保険証、年金証書
市内で住所が変わったとき保険証
世帯主や氏名が変わったとき
世帯主が分かれたり、一緒になったとき
就学のため、別に住所を定めるとき保険証、在学証明書
保険証をなくしたとき本人であることを証明するもの

国保の貸付制度
■高額療養費資金貸付
 申請により、高額医療費支給見込額の90%まで貸し付けます。

■出産費資金貸付
 申請により、出産一時金支給見込額の80%まで貸し付けます。