母子家庭等自立支援教育訓練給付金   2021年5月12日
自立支援教育訓練給付金とは?
(1)目的
 母子家庭の母または父子家庭の父(以下「ひとり親家庭の親」という。)の主体的な能力開発の取組を支援するため、教育訓練講座を受講するひとり親家庭の親に対し給付金を支給し、自立の促進を図ることを目的としています。

(2)支給要件
 市内に居住するひとり親家庭の親で、次の要件のすべてに該当する人
 ・20歳未満のお子さんを扶養していること。
 ・児童扶養手当の支給を受けているか、または同様の所得水準にあること。
 ・教育訓練講座を受講することが、適職に就くために必要であると認められること。
 ・過去に教育訓練給付金を受給していないこと。

(3)対象講座
 ア 雇用保険制度の「一般教育訓練給付金の指定講座」
 イ 雇用保険制度の「特定一般教育訓練給付金の指定講座」
 ウ 雇用保険制度の「専門実践教育訓練給付金の指定講座」
 ※イとウは、専門資格の取得を目的とする講座が対象です。

(4)支給額等
 ・入学金及び受講料の6割相当額
 ・アとイの指定講座 上限20万円
 ・ウの指定講座   上限80万円(就業年数(最大4年)×20万円)
 ※1万2千円を超えない場合は支給されません。
 ※雇用保険制度から教育訓練給付金の支給を受けることができる人は、その支給額との差額になります。

支給を受けるには
(1)受講開始前に、受講しようとする講座について、講座指定申請が必要です。
 ※受講申込前に、子ども支援課 母子父子自立支援員までご相談ください。申請方法、必要書類については、
  相談の際にご説明します。 

(2)講座が修了したら、講座修了後1ヶ月以内に、支給申請をおこなってください。



このページに関するお問い合わせ

発行部署:健康福祉部/子ども支援課

〒854-0492 雲仙市千々石町戊582番地

電話番号:0957-36-2500 / FAX:0957-36-8900

お問い合わせフォーム