定期予防接種
 雲仙市では、予防接種法に基づく定期の予防接種事業を実施しています。
 定期の予防接種の種類は、四種混合、三種混合、不活化ポリオ、二種混合、麻しん・風しん混合、日本脳炎、BCG、ヒブ、小児用肺炎球菌、水痘、B型肝炎、子宮頸がんです。
 定期予防接種は、雲仙市と委託契約を結んだ長崎県内の医療機関で実施しており、下記の接種対象年齢の期間における接種については無料です。

○個別予防接種                                        (平成31年4月1日現在)
予防接種名対象年齢
【標準的な接種年齢】
実施時期接種回数等
備考
 四種混合
 ○ジフテリア
 ○百日せき
 ○破傷風
 ○不活化ポリオ
1期初回生後3月〜生後90月に至るまで
【生後3月〜12月に達するまで】
通年20日から標準的には56日までの間隔をおいて3回
 
1期追加生後3月〜生後90月に至るまで
【1期初回接種(3回)後、12月〜18月までの間隔をおく】
通年1期初回接種(3回)終了後、6月以上の間隔をおいて1回
 三種混合
 ○ジフテリア
 ○百日せき
 ○破傷風
1期初回生後3月〜生後90月に至るまで
【生後3月〜12月に達するまで】
通年20日から標準的には56日までの間隔をおいて3回・三種混合の未接種がある場合は、四種混合ワクチンを接種してください。

・生ポリオワクチンを2回接種している人は、不活化ポリオワクチンは接種する必要はありません。
1期追加生後3月〜生後90月に至るまで
【1期初回接種(3回)後、12月〜18月までの間隔をおく】
通年1期初回接種(3回)終了後、6月以上の間隔をおいて1回
 不活化ポリオ1期初回生後3月〜生後90月に至るまで
【生後3月〜12月に達するまで】
通年20日以上の間隔をおいて3回
1期追加生後3月〜生後90月に至るまで
【1期初回接種(3回)後、12月〜18月に達するまで】
通年1期初回接種(3回)終了後、6月以上の間隔をおいて1回
 二種混合
 ○ジフテリア
 ○破傷風
2期11歳以上13歳未満(11歳の誕生日の前日から13歳の誕生日の前日まで)
【11歳】
通年1回
 
麻しん
(はしか)・
風しん混合
MR
1期 生後12月〜24月に至るまで通年1回
 
2期5歳以上7歳未満の者で小学校入学前の1年間4/1〜翌年3/31
までの間
1回 
日本脳炎1期初回生後6月〜生後90月まで
【3歳】
通年6日から標準的には28日までの間隔をおいて2回
 
1期追加生後6月〜生後90月まで
【4歳】
通年1期初回(2回)終了後6月以上、概ね1年をおいて1回
 
2期
9歳以上13歳未満(9歳の誕生日の前日から13歳の誕生日の前日まで)
【9歳】
通年1回
 
特例措置平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれで、20歳未満にあるもので、第1期、第2期の接種が終わっていない人通年第1期および第2期の接種不足分(1回から4回)
ただし、2期接種は9歳以上の人
 
平成19年4月2日〜平成21年10月1日生まれで、平成22年3月31日までに1期の予防接種が終了していない人で、生後6月から90月又は9歳以上13歳未満にある人通年第1期の接種不足分(1回から3回) 
BCG 生後3月から生後1歳に至るまで(1歳の誕生日の前日まで)
【生後5月〜8月】
通年 1回

 
ヒブ
(Hib)
生後2月〜生後60月に至るまで(5歳の誕生日の前日まで)
初回【生後2月〜7月に至るまで】
追加【初回終了後7月〜13月に至るまで】
通年[初回接種開始が生後2月〜7月未満]
 初回3回、追加1回
[初回接種開始が生後7月〜12月未満]
 初回2回、追加1回
[初回接種開始が12月〜60月]
 1回
 
小児用肺炎球菌生後2月〜生後60月に至るまで(5歳の誕生日の前日まで)
初回【生後2月〜7月に至るまで】
追加【生後12月〜15月に至るまで】
通年[初回接種開始が生後2月〜7月未満]
 初回3回、追加1回
[初回接種開始が生後7月〜12月未満]
 初回2回、追加1回
[初回接種開始が12月〜24月]
 2回
[初回接種開始が24月〜60月]
 1回
 
水痘(水ぼうそう)1回生後12月〜生後36月に至るまで
【生後12月〜生後15月に至るまで】
通年1回・すでに水痘(水ぼうそう)にかかった人は接種する必要はありません。
追加生後12月〜生後36月に至るまで
【初回接種終了後6月〜12月まで】
通年1回(1回目接種後3月以上の間隔をおく)
子宮頸がん小学校6年生〜高校1年生相当の女子
【中学1年生】
通年「サーバリックス」または「ガーダシル」のどちらかを3回接種 
B型肝炎1歳に至るまで(ただし、平成28年4月1日以降生まれで、1歳の誕生日の前日まで)【生後2月〜9月】通年3回(27日以上の間隔をおいて2回目を接種し、3回目の接種は1回目の接種から139日以上の間隔をおく)・母子感染予防のため抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受けた方は対象外となります。

【料 金】
●定期予防接種料金は無料です。

【接種場所】
●雲仙市内および長崎県内の予防接種協力医療機関

*事前に所定の手続きを行うことで、自費により県外で受けた定期予防接種の費用の全額、又は一部を受け取ることができますので、次の資料をご利用ください。
(県外接種)予防接種償還払い 案内チラシ.pdf(PDFファイル:265.8KB)
(県外接種)予防接種依頼書交付申請書 様式第1号.pdf(PDFファイル:52.7KB)
(県外接種)予防接種費用償還払い交付申請書 様式第3号.pdf(PDFファイル:52.2KB)
(県外接種)予防接種費用償還払い請求書 様式第5号 .pdf(PDFファイル:33.8KB)

【持参するもの】
●予診票、母子健康手帳、健康保険証

【予診票】
●市が配布した予診票を使用してください。(実施医療機関にもあります。)
●予診票はお子さんの健康状態を医師に伝えるものです。保護者が責任を持って記入してください。
●診察の結果、接種可能な場合には「保護者サイン」欄に必ず氏名を記入してください。

【予防接種済証】
●母子健康手帳の所定の欄に必要事項の記入と医師(医療機関)印を押印してもらってください。

【委任状】
●13歳未満のお子さんの予防接種に、やむを得ず保護者が同伴できない場合は委任状が必要となります。
 ・予防接種委任状(H31.4月〜).pdf(PDFファイル:118KB)
 

詳しくは、市から配布している「予防接種と子どもの健康」をご覧ください


【問い合わせ先】
子ども支援課 子ども健康班 電話0957-36-2500