国際交流員「金 銀淑」の活動日記 No.2
 
 最近、私の主な仕事は、国際理解講座です。その中でも、雲仙市内の幼稚園、保育園などに訪問して、歌や塗り絵、動物の鳴き声、韓国語で名前書きなど、園児たちと遊びながらお隣の国の韓国を、もっと身近に感じてもらえるように頑張っています。今まで、雲仙市内のいろんな幼稚園、保育園で開催しました。この講座を通じて、興味津々の目をしながら聞く園児たちから、元気一杯の笑顔とたくさんの力をもらいました。

 また、幼稚園以外にも北串中学校で講座を開きました。北串中学校では講座が終わった後、先生と生徒たちから「韓国に行ってみたい」、「韓国のことが分かった」などの感想文をいただいて、とても感動しました。
すぎのこ保育園の園児からもらったメダル
すぎのこ保育園の園児からもらったメダル
北串中学校の玄関にあった歓迎文
北串中学校の玄関にあった歓迎文
韓国語講座の様子
 また、6月15日は、私が雲仙市に来て2カ月になる日で、ふるさと会館で韓国語講座を始める日でもありました。たくさんの方々が、韓国語教室に興味を持って申し込みをしてくださり、感激しました。受講者の中には、韓国語を流暢に話す方が多数いらっしゃって、とても驚きました。これからの韓国語講座がすごく楽しみになりました。

 私は、香川県の大学に留学したときも、そして今も、日本語はいつも難しいと思いますが、その中でも方言は一番難しいです。でも、方言の発音とイントネーションを学ぶのは、すごく楽しくて面白いです。雲仙市に来てはじめて聞いた方言は、「よかよか」でした。最初は、正確な意味は分かりませんでしたが、今は理解できるようになりました。まだ分からない言葉が多いですが、もっと勉強していきたいと思います。

韓国語講座の様子
自分の名前を書いている韓国語講座受講生
自分の名前を書いている韓国語講座受講生

 先日、雲仙のつつじを見てきました。緑の中に鮮やかな色で咲いていたつつじはすごくきれいでした。つつじを見て、夕方には、初めて雲仙温泉を体験しました。硫黄の匂いと白く濁っている熱いお湯に入り、窓から入ってくる冷たい風を感じるのは、すごく気持ちいい経験でした。私が行った小地獄温泉は、昔のおもむきを感じ、暖かい雰囲気ですごくいいところでした。

 雲仙市には体験するところ、見るところが多いと聞きましたので、
皆さん、たくさん教えてください。(=ヨロブン、マニガルチョジュセヨ。)
雲仙つつじ
雲仙のつつじ(ミヤマキリシマ)
小地獄温泉
小地獄温泉

このページに関するお問い合わせ

発行部署:観光商工部/観光物産課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-3205

お問い合わせフォーム