国際交流員「金 銀淑」の活動日記 9
 1月13日は、吾妻町の川床小学校の2・3年生の子供たちを対象に国際理解講座を開催しました。

 まずは、韓国語の挨拶、韓国の位置、旗、国技などの基本情報を一緒に勉強しました。韓国の正月についても勉強して、正月の挨拶の仕方「セベ」を一緒に体験してみました。ちょっと難しい挨拶方法でしたが、子供たちと楽しく勉強しました。

 最後には、伝統遊び「トゥホノリ」をして、講座を終えました。子供たちは、韓国の歌手などを通じて、韓国について興味を持っていたので、すごく集中して聞いていました。
川床小学校

八斗木保育園 1月17日は、土黒保育所、18日は、あそか保育園、19日は、くにみ幼稚園、2月8日は、八斗木保育園で国際理解講座を開催しました。

 講座では、塗り絵、動物の鳴き声、伝統遊びなどをしながら、韓国を身近に感じてもらい、楽しく勉強できるように遊びながら勉強しました。

 いつも元気で、かわいい子供たちは、私にパワーを与えてくれます。

 1月31日から2月16日まで、毎週火・木曜日に「金さんのまるごと韓国料理教室」がありました。

 第1週は、雲仙の美味しい馬鈴薯を利用したジャガイモチヂミ「カムザジョン」と「きゅうりのコチュジャン和え」を作りました。
 参加者の皆さんは、ベテランの主婦の皆さんで、すごく料理に慣れていましたので、とても緊張しました。

 しかし、韓国のドラマや韓国料理、文化などの話をしながら楽しく講座ができました。
カムザジョン
 
 第2週は、雲仙ブランドの八斗木白葱やうんぜん逸品のとうふ蒲鉾を使った「雲仙トッポギ」を作りました。

 韓国のもち料理のトッポギに八斗木白葱の甘さととうふ蒲鉾の食感がマッチして美味しく出来上がりました。
 コチュジャンが入って少し辛かったのですが、皆さんは「美味しい、美味しい」と言われながら食べていました。

 そして、「八斗木白葱や蒲鉾をどこで買えるのか」などの質問があり、「雲仙ブランド」や「うんぜん逸品」を紹介する機会になりました。
雲仙トッポギ
 
 第3週は、2月14日に講座がありましたので、バレンタインデーにあわせて、甘いスイーツ「ホットク」となつめ茶「テチュチャ」を作りました。
 「ホットク」は、韓国では冬の定番のおやつで、ドラマなどでもよく登場する食べ物でしたので、興味を持ってくださいました。シナモンやナッツ類がたくさん入っている中身と、さくさくもちもちの食感の皮がすごく好評でした。「テチュチャ」は、体によくて、さらにしょうがを加えて冬にぴったりでした。

 参加者の皆さんが今回の料理以外にも「キムチ」、「サムゲタン」などの韓国料理にも興味を持ってくださったことに、私は、とても嬉しく思いました。
ホットク
 

ランタンフェスティバル 長崎のランタンフェスティバルに行ってきました。さまざまな形のランタンと美しい明かりが目を奪いました。中国の皇帝の姿をした田上市長と皇后の姿をしたジュディオングさんにも感動しました。

 慌しく1カ月が過ぎました。寒い冬を元気いっぱいに乗り切りましょう!
 エイエイオ〜!

このページに関するお問い合わせ

発行部署:観光商工部/観光物産課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-3205

お問い合わせフォーム