雲仙市小中学校の統合について
平成25年9月25日、市ホームページ「お問い合わせ」あてのご質問

※回答先メールに送信できず、電話でも連絡が不能でしたので、ここに回答を掲載いたします。

Q:雲仙市の小中学校の統合は、南島原市、島原市のそれに比較し極端に遅れています。
10人程度にも満たない小中学校を存続させる目的はどこにあるのか、雲仙市としていろいろの面から、決断の時期にきているのではありませんか。
南島原市の決断は的確な判断と思います。どうか他市町村に遅れをとらないように、考えてみてください。
今、雲仙市民は雲仙市の決断のなさを、市民は嘆いています。
A: 雲仙市立小・中学校の統合についてのご意見にお答えいたします。
 現在、雲仙市内の小・中学校で10人程度に満たない学校はありませんが、雲仙市の学校において、早急な対応が求められる学校については、保護者・地域の意見を聴取したうえで、すでに統合を行ったり、統合等の検討を進めたりしているところです。
 なお、小学校の小規模校においては、今後、極端に児童数が減っていく状況ではなく、各小学校において、学校・保護者・地域が一体となって地域の実態に即した特色ある教育活動が展開されておりますし、保護者・地域住民の多くが小学校の存続を強く望んでおられる状況にあります。
 このような状況等を踏まえ、学校の統合については、今後も中長期的視野にたって、児童生徒数の推移を注視しつつ、保護者・地域住民の意見を十分聴取しながら対応していきたいと考えております。
 この度は、貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。
 

雲仙市教育委員会 学校教育課(電話:0957-37-3113)