1. HOME
  2. 市政情報
  3. 広報・広聴
  4. 広聴
  5. パブリックコメント
  6. 意見募集結果公表案件
  7. 雲仙市過疎地域自立促進市町村計画(素案)に関するパブリックコメントの実施結果及び意見の公表について
雲仙市過疎地域自立促進市町村計画(素案)に関するパブリックコメントの実施結果及び意見の公表について
雲仙市過疎地域自立促進市町村計画(素案)

1.概要
計画名称:「雲仙市過疎地域自立促進市町村計画」
計画期間:平成28年度〜平成32年度

2.実施の目的
 「雲仙市過疎地域自立促進市町村計画(素案)」の策定にあたり、市民の皆さまのご意見を踏まえたものとするため、パブリックコメントの手続きによって、素案を公表し、意見募集を実施しました。

3.実施時期
平成27年12月21日〜平成28年1月 6日

4.実施方法
資料閲覧方法
 ○市ホームページによる閲覧
 ○印刷物での閲覧《市役所政策企画課、各総合支所および雲仙出張所》

意見提出方法
 意見については、氏名、住所、電話番号、市外在住の方は市内に所在する事務所、事業所または学校名を明記の上、郵送、FAX、電子メールまたは持参のいずれかで提出

周知方法
 報道機関への情報提供

5.意見提出状況及び回答
(1)意見の件数:1件 (1人)

(2)意見内容及び回答

案件名 1.基本的な事項
  将来像と基本方針との関係について
意見内容 (P8)将来像の考え方として「豊かな大地・輝く海を発展の礎とし、地域の歴史、文化、風土を次世代に残しながら、豊かで魅力ある郷土づくりを目指す。」とあります。

 そして将来像実現のテーマ「食」「遊」「快」としていますが、(P9後段)将来像実現化の基本方針1から6までに食や自然・風土にあまり関係性がないように思えます。

 将来像実現化は「まちづくり」の要素が高いように思います。

【回答】 
 雲仙市過疎地域自立促進計画(素案)は、本市の人口減少問題を克服するため、本市のあらゆる特性を活かした総体的な取り組みが必要であることから、雲仙市総合計画(基本構想)の下位計画と位置づけており、本計画の8ページから11ページの「(4)地域の自立促進の基本方針」では、総合計画(基本構想)の概要について記載しているものです。
 本市の総合計画(基本構想)では「豊かな大地・輝く海と ふれあう人々で築く たくましい郷土」と将来像を定め、その将来像を実現するテーマとして「〜雲仙・山麓「食」、「遊」、「快」のくにづくり〜」を目指して、各施策に取り組むものとしております。
ご指摘のとおり、「まちづくり」は本市将来像を実現するための重要な要素でありますが、前述のとおり、人口減少問題の克服のためには、本市の特性を活かした総体的な取り組みが必要であることから、暮らし、健康・福祉、産業、観光、教育などを柱とした6つの基本方針に沿った幅広い施策の展開が必要となります。
 また、「食や自然・風土」などにつきましても、本市の重要な特性であり、その活用も含め各施策へ取り組んでいるところです。
 以上により本計画書のP8では、将来像を3つのキーワードに分けて考え方を整理するとともに、P9では将来像実現のテーマとなる3つのくにづくりの考え方を、P9後段からP11までには、将来像とテーマを具現化するための6つの基本方針の概要のみについて記載させていただいております。
なお、本計画書の「2.産業の振興」(P12)から「10.その他地域の自立促進に関し必要な事項」(P81)までは、総合計画の6つの基本方針や3つの戦略プロジェクトを基本として、各対策等を記載しております。


このページに関するお問い合わせ

発行部署:総務部/政策企画課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-3514

お問い合わせフォーム