雲仙市トップへ

新型コロナウイルス感染症の影響による保険料の減免について

最終更新日:

新型コロナウイルスの影響により、収入減少が見込まれる等の世帯に対する、後期高齢者医療保険料の減免についてご案内します。


対象となる世帯

 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主(世帯内の収入実態によっては、世帯主以外の被保険者とすることも可。)が次のいずれかに該当する場合、減免の対象となります。


1.世帯主が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯の方


2.世帯主の収入減少が見込まれ、以下の要件(1)から(3)すべてに該当する世帯の方

(1)世帯主の事業収入・給与収入・不動産収入・山林収入のいずれかの収入が、令和2年に比べて3割以上減少する見込みであること

(2)世帯主の令和2年の所得の合計額が1,000万円以下であること

(3)世帯主の減少することが見込まれる収入以外の令和2年の所得の合計額が400万円以下であること


減免の対象となる保険料

 令和3年4月1日から令和4年3月31日までに納期限が設定されている後期高齢者医療保険料


減免額の計算方法

 減免額の計算方法は以下のとおりです。


1.世帯主が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯の方⇒対象の保険料の全額を免除


2.世帯主の収入減少が見込まれ、要件すべてに該当する世帯の方⇒対象の保険料の一部を減額(以下の計算方法による)


  保険料減免額=減免対象保険料額(A×B÷C)×減免割合(D)


減免対象保険料額(A×B÷C)

   A:75歳以上の方の令和3年度保険料額

   B:世帯主の減少が見込まれる収入にかかる令和2年の所得の合計額

   C:世帯主および世帯の被保険者の所得の合計額


所得の合計額に応じた減免割合(D)

   世帯主の令和2年における所得の合計金額について

   300万円以下の場合 :全部(10分の10)

   400万円以下の場合 :10分の8

   550万円以下の場合 :10分の6

   750万円以下の場合 :10分の4

   1,000万円以下の場合:10分の2


  ※世帯主の事業等の廃止や失業の場合には、世帯主の令和2年の所得の合計額にかかわらず、対象保険料の全部を免除。


申請先

 雲仙市役所 総合窓口課保険年金班(雲仙市役所本庁1階)


※申請は予約制です。減免の内容や申請に必要な書類の詳細については、総合窓口課にお問い合わせください。


申請期限

 令和4年3月31日(木曜日)まで


提出書類

1.世帯主が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯の方

 ・医師の診断書、医療費の領収書、入院期間が把握できる書類など


2.世帯主の収入減少が見込まれ、要件すべてに該当する世帯の方

 ・令和2年の収入や所得が分かるもの(源泉徴収票、確定申告書、住民税申告書の控等)

 ・収入の減少見込となる資料(給与明細、売上帳簿、通帳、廃業届等)


 ※保険金や損害賠償金等で補填される場合は、受取保険金等の金額が分かる書類


このページに関する
お問い合わせは
(ID:4678)
ページの先頭へ

〒859-1107  長崎県雲仙市吾妻町牛口名714  
電話番号:0957-38-31110957-38-3111   Fax:0957-38-3514  
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 (土日・祝日・年末年始を除く)
法人番号 7000020422134

Copyright © UNZEN City. All Rights Reserved.