軽自動車税
■納税義務者
 軽自動車税は、4月1日現在、原動機付自転車、軽自動車、二輪の小型自動車、小型特殊自動車(農耕作業用を含む)等を所有する人に課税されます。

■税率
 平成27年度税制改正(地方税法等の改正)により、次のとおり軽自動車税の税率(年額)が変更されます。

原動機付自転車・2輪の軽自動車・2輪の小型自動車・小型特殊自動車

 原動機付自転車・二輪の軽自動車・二輪の小型自動車、小型特殊自動車の平成27年度からの税率変更につきましては、次の【表1】のとおり、1年延期がなされ平成28年度からとなりました。

【表1】税率(原動機付自転車・2輪の軽自動車・2輪の小型自動車・小型特殊自動車)
種 別 区 分平成26年度まで平成27年度平成28年度から
原動機付自転車総排気量50cc以下または定格出力0.6KW以下のもの1,000円2,000円→1,000円2,000円
総排気量90cc以下または定格出力0.8KW以下のもの1,200円2,000円→1,200円2,000円
総排気量125cc以下または定格出力0.8KW超のもの1,600円2,400円→1,600円2,400円
3輪以上のもののうち総排気量20cc超または定格出力0.25KW超のもの(ミニカー)2,500円3,700円→2,500円3,700円
2輪の軽自動車2輪のバイク(側車付を含む)2,400円3,600円→2,400円3,600円
その他のもの2,400円3,600円→2,400円3,600円
小型特殊自動車農耕作業用1,600円2,000円→1,600円2,000円
その他のもの4,700円5,900円→4,700円5,900円
2輪の小型自動車 総排気量250cc超のもの4,000円6,000円→4,000円6,000円


3輪・4輪以上の軽自動車

1.平成27年3月31日以前に標識番号の指定を受けた軽自動車については、現在の税率(【表2】(1)参照)のままとなります。
注 平成28年度以後に、経年重課の税率(【表2】(3)参照)に該当する可能性があります。

2.平成27年4月1日以後に初めて標識番号の指定を受けた軽自動車については、新税率(【表2】(2)参照)で課税されます。

3.初めて標識番号の指定を受けた月(※)から起算して13年を超える軽自動車については、翌年度から経年重課の税率(【表2】(3)参照)で課税されます。
ただし、「燃料の種類」が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリンハイブリッドのもの及び被けん引車は除きます。

【表2】税率(3輪・4輪以上の軽自動車)
種 別 区 分平成26年度までの税額
(1)現行税額
平成27年度平成28年度
平成26年度までに登録済みの車両
平成27年4月1日新規登録車
(2)新税額
平成27年4月2日以降新規登録車
平成26年度までに登録済みで初度検査年月から13年目までの車両平成27年4月1日以降新規登録車
(2)新税額(※※)
初度検査年月から13年を超える車両
(3)重課税額
3輪の軽自動車3,100円平成26年度までと同じ3,900円平成28年度から課税平成26年度までと同じ3,900円4,600円
4輪以上の
軽自動車
乗用のもの営業用5,500円6,900円6,900円8,200円
自家用7,200円10,800円10,800円12,900円
貨物のもの営業用3,000円3,800円3,800円4,500円
自家用4,000円5,000円5,000円6,000円
※ 初めて標識番号の指定を受けた月…自動車検査証の「初度検査年月」を指します。
※※ 平成27年度中に新規取得した軽四輪及び三輪(新車に限る)で、環境負荷の小さいものについては、平成28年度の税率を軽減する特例措置「軽自動車税のグリーン化特例(軽課)」が適用されます。

■納期
平成27年度から納期限が以下のように変わります。

変更前変更後
4月30日5月31日
※ 納付期限が日曜日、祝日などの休日や土曜日に当たる場合には、その休日明けの日が納付期限となります。

納期限の変更にあわせて、軽自動車税の納税通知書は平成27年度から5月11日頃の発送となります。


原動機付自転車の標識
市になっても、新規登録、所有者変更、廃車手続きは、各支所でも取り扱います。
なお、旧町発行の標識(ナンバープレート)は、有効です。

このページに関するお問い合わせ

発行部署:市民生活部/税務課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-2755

お問い合わせフォーム