1. HOME
  2. 健康・福祉
  3. 地域福祉・生活保護
  4. 「いのちのカプセル」を配布しています
「いのちのカプセル」を配布しています
 「いのちのカプセル」とは、緊急時や災害時などに救助者が迅速に対応できるよう、個人情報などを記載した安心カードを、自宅の冷蔵庫に保管しておくものです。
 市では、この「いのちのカプセル」を、65歳以上の高齢者や障がいのある人を対象に配布しています。

 65歳以上の高齢者には、自治会を通じて配布していますが、まだ受け取っていない人は、お近くの市役所、福祉事務所、各総合支所のいずれかの担当窓口でお受け取りください。なお、ご家族の代理受領も可能です。


◆対象者
○65歳以上の高齢者
○障がいのある人
※障がいのある人については、受取の際に、手帳(障害者手帳、療育手帳、精神福祉手帳)をご持参ください。

◆「いのちのカプセル」配布品と内容の説明
配布品内容説明
カプセル表示用(ピンク)の用紙と安心カードを入れる容器のことです。(1世帯に1個の配布)
必ず、各家庭で主に使用される冷蔵庫に入れて保管してください。
安心カード個人情報のほか、最低限の医療情報、緊急連絡先を記入する用紙です。1枚に2名分が記載できます。
(2つに折り、丸めてカプセルに入れてください)
マグネットバーカプセルを保管しておく冷蔵庫の外側(ドアなど)に貼り付けてください。
表示用紙いのちのカプセルと分かるように表示する用紙(ピンク色)です。
安心カード記入礼安心カードの記入例です。安心カードに記入される際の参考としてください。

※安心カードをカプセルに入れ、冷蔵庫内に保管してください。
安心カードをカプセルに入れる
このカプセルを冷蔵庫へ
冷蔵庫のドアなどにマグネットバーを貼る

◆どうして、カプセルを冷蔵庫に入れておくの?
(1)緊急時に活用するためには、誰が救助に来てもカプセルの保管場所がわかるようにしておかなければなりません。そのため、各々で保管場所を決めるのではなく、統一化することが有効なのです。
(2)阪神淡路大震災の時に、地震で家屋が倒壊した場合でも冷蔵庫はあまり潰れていなかったとのことから、冷蔵庫は「カプセルの保管場所」として適しています。



◆担当窓口・問い合わせ
「安心カードの記入方法がわからない」など、お困りの際には、下記にお問い合わせください。
 また、自治会長や民生委員の皆さんににも、記入についての支援をお願いしていますので、ご相談ください。

○福祉事務所 福祉課 電話0957-36-2500
○市役所 総合窓口課 電話0957-38-3111
○国見総合支所 地域振興課 電話0957-78-2111
○瑞穂総合支所 地域振興課 電話0957-77-2111
○愛野総合支所 地域振興課 電話0957-36-2111
○千々石総合支所 地域振興課 電話0957-37-2001
○小浜総合支所 地域振興課 電話0957-74-2111
○南串山総合支所 地域振興課 電話0957-88-3111


このページに関するお問い合わせ

発行部署:健康福祉部/福祉課

〒854-0492 雲仙市千々石町戊582番地

電話番号:0957-36-2500 / FAX:0957-36-8900

お問い合わせフォーム