雲仙市トップへ

ふるさと納税とは

最終更新日:
  • ふるさと納税とは

 ふるさと納税とは、寄附を通じて自身の好きな自治体を応援できる制度です。寄附を行うことで自治体が行うまちづくりを支援することができます。また、寄附後は確定申告を行うことにより、寄附金額の一部が(所得税および住民税)が控除され、ご当地の特産品を謝礼として受け取ることができます。


  • ふるさと納税の魅力

POINT 1 寄附金額に応じたお礼の品をお贈りします

  • 謝礼品

POINT 2 税が控除される

  • 税が控除される

POINT 3 好きな自治体を選べる

  • 好きな自治体を選べる

POINT 4 使途を指定できる

  • 使途を指定できる


  • 寄附金の控除

控除額について

 2,000円を除く全額が所得税、および個人住民税から控除され、納税者ご本人の給与収入や家族構成により年間の上限額は異なります。詳しくはふるさと納税を行った翌年1月1日時点の市区町村にお尋ねください。

 参考:寄附金控除シミュレーション(「ふるさとチョイス」へリンク)別ウィンドウで開きます(外部リンク)

控除の受け方

 控除を受けるためには、原則としてふるさと納税を行った翌年の3月15日までに、住所地等の管轄の税務署へ確定申告を行う必要があります。


ワンストップ特例とは?

 確定申告が不要な給与所得者等につきまして、下記条件をすべて満たす場合に限り、「市町村民税・道府県民税 寄附金控除に係る申告特例申請書」と「必要書類(注1)」を雲仙市へ送付していただくだけで、ふるさと納税に係る寄附金控除がワンストップで受けられる仕組みができました。

○もともと確定申告をする必要のない給与所得者であること

 (年収2000万円を超える所得者や、医療控除のために確定申告が必要な場合は確定申告で寄附金控除を申請して下さい。)

○1年間の寄附先が5自治体以下であること

 (1つの自治体に複数回寄附をしても、1カウントとなります。)

(注1)平成28年のマイナンバー導入に伴い、なりすまし防止のために「個人番号確認の書類」と「本人確認の書類」のコピーを寄附金税額控除に係る申告特例申請書と一緒に郵送することが必須になりました。ご自身のマイナンバー受け取り状況に合わせて、以下の書類を手元に用意してください。

「個人番号カード」を持っている人

 ○個人番号確認の書類…個人番号カードの裏のコピー

 ○本人確認の書類…個人番号カードの表のコピー

「通知カード」を持っている人

 ○個人番号確認の書類…通知カードのコピー

 ○本人確認の書類…下記のいずれかの身分証のコピー

  ・運転免許証

  ・旅券(パスポート)

  ・身体障害者手帳

  ・精神障害者保健福祉手帳

  ・療育手帳

  ・在留カード

  ・特別永住者証明書

  ※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるようにコピーする。


上記のように、

 ・個人番号カードを持っている場合:「個人番号カードの表裏のコピー」

 ・通知カードを持っている場合:「通知カードのコピー」と「身分証のコピー」

を寄附金税額控除に係る申告特例申請書と一緒に郵送してください。

参考:寄附のお申込み(ふるさと納税)別ウィンドウで開きます


  • 寄附金の受領を証明する書類

 寄附金受領証明書は、寄附日の1か月前後で発送します。「申込者情報」の氏名・住所での発行となり、原則としてご入金後の変更・再発行はできません。


このページに関する
お問い合わせは
(ID:2032)
ページの先頭へ

〒859-1107  長崎県雲仙市吾妻町牛口名714  
電話番号:0957-38-31110957-38-3111   Fax:0957-38-3514  
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 (土日・祝日・年末年始を除く)
法人番号 7000020422134

Copyright © UNZEN City. All Rights Reserved.