1. HOME
  2. 暮らし・手続き
  3. 税金
  4. 国民健康保険税
国民健康保険税
国民健康保険に加入している皆様へ

・国民健康保険税は、国民健康保険に加入している世帯主に対し、所得割額、資産割額、均等割額及び平等割額により課税されます。
また、平成20年度から地方税法の改正に伴い、保険税の基礎課税額の一部が後期高齢者医療制度を支援するための「後期高齢者支援金課税額」として課税されています。
・40歳から64歳までの人は、医療分、後期高齢者支援分に加えて介護分が課税されています。
・税額は下記により計算され、医療分、後期高齢者支援分、介護分ごとに課税されます。

所得割額・・・・・課税所得金額×所得割率
資産割額・・・・・固定資産税額×資産割率
均等割額・・・・・被保険者数×均等割額
平等割額・・・・・1世帯×平等割額

・課税限度額は、1世帯に対し、医療分で54万円、後期高齢者支援分で19万円、介護分で16万円、合計89万円です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■平成29年度税率改定の理由について
・現在、市単位で運営している国民健康保険が平成30年度から県で一本化(※1)されることになります。それに伴い課税方式が3方式を採用することから、雲仙市も現在の4方式から3方式となるため段階的に資産割の税率を廃止する予定です。
(※1 平成30年度から、都道府県が財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業の確保等の国保運営に中心的な役割を担うことで、制度の安定化を目指します。)

・本市国民健康保険税の財政状況は医療費増大などにより毎年赤字が続いております。これまで赤字を補填するために財政調整基金という貯金を取り崩して赤字に充てていましたが、平成29年度はその基金も無くなったため、不足する分の約2/3を一般会計から繰り入れ、残りの約1/3を税率を改定して補うこととしました。

県一本化での方式これまでの方式
@所得割@所得割
※段階的に廃止A資産割
A均等割B均等割
B平等割C平等割


■税率の改定
区分(対象者)医療分
(国保加入者すべての方)
後期高齢者支援分
(国保加入者すべての方)
介護分
(国保加入者で40歳〜64歳までの方)
改正後改正前改正後改正前改正後改正前
所得割
(%)
所得に対して8.68.62.61.82.31.6
資産割
(%)
資産に対して16.024.04.06.03.05.0
均等割
(円)
加入者1人当り26,50026,5007,5005,6009,0008,200
平等割
(円)
1世帯当り27,00027,0007,4007,4006,0005,000
課税限度額(円)540,000190,000160,000


■軽減制度の見直し(※低所得の方への保険税軽減が拡充されました)
【7割軽減世帯】(世帯の合計所得金額が、33万円以下の世帯)

【5割軽減世帯】(世帯の合計所得が33万円+(27万円(※H28 26.5万円)×国保被保険者と世帯に属する特定同一世帯所属者を合わせた人数)

【2割軽減世帯】(世帯の合計所得が33万円+(49万円(※H28 48万円)×国保被保険者と世帯に属する特定同一世帯所属者を合わせた人数)


■納期(H29)
期別納期
第1期7月15日〜7月31日
第2期8月15日〜8月31日
第3期9月15日〜10月2日
第4期10月15日〜10月31日
第5期11月15日〜11月30日
第6期12月15日〜12月25日
第7期1月15日〜1月31日
第8期2月15日〜2月28日
※各納期月の末日が土・日・祝日にあたる場合は、翌月最初の平日が納付期限になります。


国民健康保険税に関するQ&A


■H29国民健康保険税試算表(XLS ファイル:88.6KB)
 雲仙市の平成29年度国民健康保険税の税額の簡易な試算ができます。
 計算表は、表計算ソフト(マイクロソフトエクセル)で作成してありますので、ダウンロードしてご利用ください。
※計算した金額は、1年分の概算額ですので、実際に課税される税額と異なる場合があります。
添付ファイル
H29国民健康保険税パンフレット.pdfを開く,又は保存する H29国民健康保険税パンフレット.pdf
(Adobe Acrobat Document:815.3KB)


このページに関するお問い合わせ

発行部署:市民生活部/税務課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-2755

お問い合わせフォーム

  • Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。(無償)