1. HOME
  2. 健康・福祉
  3. 国民健康保険
  4. お薬手帳を活用しましょう
お薬手帳を活用しましょう
◆「ポリファーマシー」ってご存じですか
 多くの薬を服用しているために、副作用を起こしたり、きちんと薬が飲めなくなったりしている状態をポリファーマシーといいます。
 高齢になるほど、肝臓や腎臓の働きが弱くなり、薬を分解したり、体の外に排泄したりするのに時間がかかるようになるため、ポリファーマシーが起こりやすくなります。
 薬を飲んでいて、気になる症状があったら、必ず、医師や薬剤師に相談しましょう。勝手に薬をやめたり、減らしたりすると、症状が悪化したり、思わぬ副作用が出ることがあります。

◆お薬手帳を活用しましょう
 お薬手帳とは、いつ、どこで、どんな薬を処方してもらったかを記録しておく手帳のことです。医師や薬剤師にお薬手帳を見せて服薬状況を確認してもらうことで、重複や飲み合わせによる副作用を防ぐことができます。医療機関にかかるときは、必ず持っていきましょう。
 お薬手帳は、薬局で無料でもらうことができます。

◆お薬手帳は1冊にまとめましょう
 飲んでいるすべての薬の記録は1冊にまとめることが重要です。病院ごとや薬局ごとに別々のお薬手帳を作らないようにしましょう。
添付ファイル
あなたのくすりいくつ飲んでいますか?.pdfを開く,又は保存する あなたのくすりいくつ飲んでいますか?.pdf
(PDFファイル:577.5KB)


このページに関するお問い合わせ

発行部署:地域振興部/総合窓口課

〒859-1107 雲仙市吾妻町牛口名714番地

電話番号:0957-38-3111 / FAX:0957-38-2755

お問い合わせフォーム

  • Get Adobe ReaderPDFファイルをご覧になるには、Acrobat Readerが必要となります。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロードしてください。(無償)